ユニフォームのすべてをワンストップで実現できる新発想の事業で急成長!

ユニフォームをつくる、清潔に保つ、管理する。一連の業務すべてを一手に引き受けられる企業は全国的にも珍しくこの一連の流れ(レンタルシステム)は弊社がパイオニアとして世に送り出したものです。「お客様に寄り添い・気持ちを考え、思いに応える」新しいことへの挑戦ときめ細やかなフォローで、多くのお客様から注目され着実に成長を続けています。

ご利用頂いている主な業種

当社のビジネスは従来のユニフォームを定期的に回収・クリーニングしてお使いいただくという便利さに加え、 お好きなデザインをオーダーできるという強みを持っています。また、徹底した衛生管理のもとクリーンな工場からお届けするユニフォーム品質は、大手企業をはじめ多くの業界から高い評価を受けています。
ご利用いただいている主な業種として、「レストラン・飲食チェーン」、「パーラー・アミューズメント」「食品製造・食品加工業」、「病院・介護施設」等があります。

食品製造工場 従業員の衛生管理はユニフォームについても重要です。 異物混入防止や食中毒対策も、自社クリーニング工場で衛生的に処理、管理しますので安全です。
レストラン・飲食チェーン 管理が大変なアルバイトやパートのユニフォームも、レンタルなら大幅な手間と時間の削減ができ、全国統一品質の運用が可能です。 更にセントラルキッチン(物流拠点)を利用した、低コストでのご提案も可能です。
スーパー・販売店 弊社ネットワークにより、統一した品質のユニフォーム・クリーニングサービスをご提供できます。 店舗毎の衛生面や見た目のバラつきを解消し、企業イメージUPやコストの削減にも対応いたします。
アミューズメント 発注業務の手間や着用アドバイス、新しいユニフォームへのモデルチェンジなど、様々なご要望にもお応えし、総合的にサポートいたします。
病院・施設 常にきれいなユニフォームを着用でき、職場環境改善にご活用できます。 体型の変化にもサイズ変更で柔軟に処理いたします。

拠点紹介

拠点紹介
岡山本社・中四国支店・岡山工場 〒700-0962 岡山県岡山市北区北長瀬表町2-13-27 TEL:086-241-4951 ■総務部 ■営業部 ■商品部 ■製造部
東京本社 〒105-0004 東京都港区新橋3-7-4赤レンガ通りビル8F TEL:03-6273-3141 ■営業部 ■商品部 ■経営戦略室
東北支店・仙台工場 〒983-0002 宮城県仙台市宮城野区蒲生字二本木127-5 TEL:022-207-3870 ■製造部 ■営業部
南関東支店・横浜工場 〒223-0058 神奈川県横浜市港北区新吉田東3-32-1 TEL:045-286-6667 ■製造部 ■営業部
北関東支店・さいたま工場 〒339-0073 埼玉県さいたま市岩槻区上野6-1-22 TEL:048-793-1771 ■製造部 ■営業部
中部支店・豊橋工場 〒441-8083 愛知県豊橋市東脇3-18-13 TEL:0532-35-1778 ■製造部 ■営業部
関西支店・尼崎工場 〒660-0833 兵庫県尼崎市南初島町10-131 TEL:06-6489-0360 ■製造部 ■営業部
九州支店 〒816-0807 福岡県春日市宝町1丁目3 TEL:092-558-2260 ■営業部
九州支店・大分工場 〒870-0141 大分県大分市三川新町1丁目1番45号1階 TEL:097-547-8021 ■製造部 ■営業部

白龍堂はこんな会社です。

部門紹介
営業部門 食品工場・ホテル・レストラン、スーパー・コンビニ・病院など、ユニフォームをレンタル利用されている企業様がお客様となります。 企業様のご要望・課題(クリーニングの頻度・ユニフォームの補充やサイズ管理等)を聞き、弊社独自のサービス、「ユニフォームレンタルクリーニング」でお客様の課題を解決していきます。 また、現在取引頂いているお客様へのフォロー(さらに利便性がよくなる為に)を行って更なる信頼関係を築いていきます。 既存企業様・新規の企業様での提案書類・資料作りなど、営業・顧客サポートがスムーズに活動できるようバックアップする部署もあります。
クリーニング工場部門 クリーニングは自社工場により独自の技術により品質管理を徹底しています。 工場内の環境は食品工場レベルの衛生管理を維持しています。汚れのしみ抜き、または補修により着用者目線でユニフォームを扱う意識を持っています。 工場内のパート従業員とのコミュニケーションにより労働環境と生産性の向上も重要な役割です。
商品部門 お客様のブランド戦略に応じた見た目のデザイン。着用者の仕事をきちんと理解した機能的なデザインの企画、ユニフォーム作りの生産管理や在庫管理、国内・海外・委託工場の品質・納期管理をお願いします。 商品管理部門では、企画・デザイン / 生産・在庫管理 と大きく2つに分けられます。
総務部門 総務経理・人事・システム開発/組織運営には欠かせない部門です。 社内スタッフが働きやすい環境作りや仕組みを考えます。
Copyright 2019 Hakuryudo