働き方を知る

全国各地で活躍する白龍堂の社員たち。何を感じ、どこに向かっているのか。生の声をご覧ください。

入社の動機は将来性。これからの飛躍が楽しみ。

南関東支店 支店長代理片上謙二郎

将来性を感じてアルバイトから社員へ。

17年前に白龍堂でアルバイトをしていたとき、今後成長していく企業だと肌で感じそのまま入社させてもらいました。当時、ユニフォームを導入する企業は次第に増えていましたが、自社できちんと管理・運営できているところ
はごく僅かでした。そんななか、白龍堂はユニフォームの企画・製造から、販売・レンタル・クリーニング管理・メンテナンスまで全てをカバーできる国内でも稀な「ユニフォームの総合企業」でした。ユニフォーム分野は成長が続く市場と私なりに判断し、白龍堂の将来性は申し分ないと思ったわけです。
入社して最初は配送デリバリーをし、その後、営業に配属されました。当初は名刺の出し方も分からないほどの未熟者でしたが、「制服関係で困ったことがあったら白龍堂さん」と言ってもらえるように、自分なりに営業方法を
工夫しました。その甲斐あって営業成績も上がり、「熱心な片上さんじゃないと契約していませんでした」と褒めていただいたこともありました。このときは本当にうれしかったですね。いま、白龍堂はユニフォームの困りごとをレンタルだけではなく、全般的に解決できる会社として知名度を上げています。もちろん、これからも飛躍していく楽しみな会社だと思っています。

スタッフみんなで勝ち取った優秀部門賞

いま南関東支店の支店長代理として、従業員や作業工程、予算など工場業務全般の管理に携わっています。工場勤務になってユニフォームの回収から納品までの間に、どんな人がどのように作業に関わって、どういう工夫があったのかを改めて体験できました。そして、そこにもちゃんと仕事のやり甲斐、楽しさがあることを知りました。スタッフの皆さんの日々の努力。それが成果となって現れたのが社内コンペでのことです。私たちの工場が優秀部門賞に選ばれたとき、受賞を聞いてパートさんが冗談まじりで「私たちは優秀なんだ!」と胸を張った瞬間は、皆さんと一緒に成長できたことがうれしくて
胸が熱くなりました。
工場作業はチームワークの良さとスタッフの意識がとても大切になります。そのためにもコミュニケーションは大きな鍵となりますし、普段から活発な意見交換ができる雰囲気がなければなりません。管理職になったいま、和気
あいあいとしたムードは大切しながらも必要な時には注意をし、時には作業を手伝いながら、もう一度、優秀部門賞を獲得できる素晴らしい職場にできるよう努力していきたいと思っています。

自分の仕事が好きな人になってもらいたい。

白龍堂は仕事に前向きに取り組めば楽しく働ける会社。

私が数々の失敗から学んだことは、そのほとんどが「準備不足と仕事の後回し」に原因があることでした。営業であれ工場の現場であれ、事前に準備しておくことで心に、やるべき時に行動することで時間にと、それぞれ余裕が生まれます。
この余裕こそ仕事には必要だと私は思っています。これから入社してくる皆さんは、当初は「準備不足と仕事の後回し」になりがちで、仕事が上手く行かない時期もあると思います。
そんな時は、事前の準備をした上で、先輩に教えてもらったことを聞くだけではなく、できるだけ早く実行に移してみてください。自分が積極的に動くことで壁はきっと乗り超えられますし、私自身もそうして成長してきました。
白龍堂は仕事に前向きに取り組めば楽しく働ける会社です。小さなことからでも良いので、自分なりにやり甲斐や楽しさを見つけることができれば、自ずと成長していけると思います。
どうか、いつも前向きな姿勢で自分の仕事が好きな人になってください。

2019採用情報はこちらから

募集要項はこちら