Project Story

意欲的に新人研修の一環で海外工場視察を行う白龍堂。早い段階から国際感覚を養い、グローバルな目線の育成を目指しています。実際にユニフォームがどのようなプロセスで作られていくのか、2017年研修では、ホーチミンにてユニフォーム製造工場・帽子工場・三景ベトナムの3工場、台北にて染色工場、織工場の2工場を見学しました。今回は、経営戦略室所属 奥田さんの事例をご紹介します。

機能性ユニフォームの裏に「工夫」。

ホーチミンのユニフォームの製造工場で強く感じたことが、ちょっとした「工夫」だ。まず第一には、縫製不良の報告が、従業員が必ず通る場所に写真の貼り出しという形で共有されていたことである。文字だけでは、どういった不良なのかわかりにくいだけでなく、新しい報告が加えられていても気が付かない可能性もあるだろう。しかし、写真を貼り出すことで、誰でも一目でわかりやすく、印象に残りやすい。仕事に入る前に確認できる場所に貼りだすことで、意識的に取り組めるようにされているのだろう。ひとりが同じミスをしないように気を付けるだけでなく、全体でひとつのミスを共有して、全体が意識的に取り組むことができる「工夫」だと感じた。
もう一つは、難しい襟の縫製に関する「工夫」だ。粘着テープのついた紙に襟となるパーツを上下に貼り付け、紙の上下の端を重ねるように折り畳み、あらかじめ縫い目分に開けられた紙の穴に沿ってミシンをかけると、ずれることなく綺麗に縫い合わすことができるというものである。この「工夫」は機械などのようなハイテクな技術では決してないが、多くのメリットを生んでいるだろう。ラインでの生産において、難しい縫製箇所に時間がかかるほど、全体の納期が遅れることも今回の見学で学んだことであるが、この工夫は、襟の縫製の効率と生産スピードを上げることで、全体の生産効率にも関わっているといえる。それだけでなく、特定の技術者に頼ることなく、またマチ針での固定と違って、針の抜き忘れのようなミスが起こる心配もなく、生地に余計なダメージを与えることもないだろう。こうした多くのメリットを生む「工夫」が、紙の装置自体はきっと私でも作れるような、ハイテクでないものによって成り立っていること、つまり技術やテクノロジーというよりも、ひとつのアイディアによって全体の生産効率が大きく上がっていることに、感動のような驚きを感じた。アイディアは技術に勝るのだと、強く感じることができた。

人と機械。

今回の工場見学の中で、何度も考えることになったひとつのテーマが、「人の手と機械」である。現代の技術社会のなかで、どんどん人の手による作業は機械にとって代わっているのだと思っていた。前述の「工夫」ともつながる部分もあるが、人による作業は機械が全てこなすことができ、人がすべきことはその技術をうまく使うことやアイディアを生み出すことなのかと考えていた。しかし、実際にいくつかの工場を見学していく中で、「人の手」による作業も残っていることを発見した。縫製工場では、裁断前の生地を重ね合わせる作業を人の手で行っていた(写真4)。日本では人件費が高く、システム化された作業となっているが、ジャージ生地のような伸縮性のあるものだと、機械ではずれが出来てしまう、と学んだ。扱う生地によっても機械の方がよいのか、人の手で行う方がよいのかも変化するのだろう。
三景ベトナムでは、この作業は機械に任されていたが(写真5)、一方で、縫製工場では機械化されていたパターンの線引きは、ここでは人の手で行われていた。パーツ同士が接するラインを、機械ではそれぞれの形として描くので2本になるが、手描きであれば1本で済み、人の手で描いた方が実は綺麗だそうだ。
織工場では、横糸を織ることは完全に機械化されていたが(写真6)、その前の段階である、たて糸の模様を作る作業を人の手で行っていた(写真7)。たて糸の作業も機械化すれば、時間もかなり短縮されるのではないか、と考えたが、デザインが多岐に渡り、そのたびにコンピューターでは変更、調整をしなければならないことからコストもかかり、またミスも多くなる、と回答をもらった。人間の方が柔軟に対応でき、またミスも少ないということは意外なことでもあった。
私は、現代ではほとんど全ての作業が機械で行われていると考えていた。しかし、実際に工場を見学する中で、機械化された作業と人の手による作業が混在していることを発見した。機械やコンピューターは万能のように捉えていた部分が私の中にはあったが、作業によっては人の手による方がミスもすくなく、正確にできることがある。今後もっと機械やコンピューターが発達すれば、人の手と同じくらいに正確な作業ができるようになるかもしれない。しかし、機械を完全に信頼するのではなく、その場や扱うもの、状況に合わせて判断することが大事だと感じた。

着用者のことを考える、ということ。

 最後に、着用者のことを考えるということについて、まとめたい。ユニフォームという作業時に着用する衣類では特に、デザイン性や着心地だけを求めればいいものではない。毎日のように着用し、そしてクリーニングされるということを考えれば、強度も重要である。織工場では、そのような強度を高めるために、糸が研究されていた。糸も同じではなく、一本の糸のなかのフィルムを増やすことや、強くねじる事で糸そのものの強度を高めて、生機を作っていた。ユニフォームがどのような場面で着用されるのかを考え、それが糸の目に見えないような細かいフィルムにまで及んでいるということは驚きであった。

 また、染色工場では、顧客から受け取った色見本を再現出来るように、染料を計算して作り、試作として染め上げをしていた。その試作が色見本の色と同じ色かどうかは、人の目で見て判断する。それも事務所の中で見比べるのではなく、外部からの光が遮断された部屋の中で、任意の光を当て、そこでどう見えるか判断していた。任意の光とは、自然光・蛍光ランプ・白熱ランプなどで、これらはそれぞれ分光分布が異なり、よって色の見え方に大きな影響を与える。ここで重要なことは、そのユニフォームがどこで着用されるのか、ということである。着用者が屋外で着用するのであれば、屋外でユニフォームの色がどのように視認されるのかを考えなければならないし、屋内であってもランプによっても見え方は異なる。

 着用者のことを考えたデザイン、ということは当たり前のようであるが、私のこれまでの考えでははるか及ばないような細部にまで、計算や配慮がなされているのだと感じた。今回の見学では、工場での機械や作業の用語や、アパレルの業界知識など自らの知識不足を痛感したが、「着用者のことを考える」ということについても、まだまだであったと思う。4月から、こうした知識をまず一つずつ学んでいき、本当に細部にまで着用者のことを考えることができるようになりたいと考える。

2019採用情報はこちらから

募集要項はこちら